屋根・外壁のリフォームと塗装 神奈川/厚木市

MKデザイン ブログ
 ウチのこだわり… 2020/7/17

屋根の工事に欠かせない材料の一つに「コーキング材」があります。

 

防水処理に大活躍のコーキング材ですが、実は様々な種類があります。シリコン系や変性シリコン系、ネオウレタン系など、他にもたくさんの種類があります。この沢山の中から部位や用途に合わせて最適なコーキング材を選んで施工していきます。

 

もちろん外壁と屋根では使うコーキング材は異なります。今回は弊社が屋根工事の際に使用しているコーキング材の「ハイパーコーク」を紹介致します。

 

「ハイパーコーク」は屋根に使用される事を目的に作られたシリコン系屋根専用コーキング材です。屋根という過酷な環境下での使用を前提に作られておりますので「耐候性」「防水性」が非常に優れております。コーキングなんて何でも同じだろうと思っている方もいらっしゃると思いますが、弊社の考え方ではコーキング材はとても重要な位置付けとなっております。なのでMKデザインの屋根工事には全てこのハイパーコークを使用しております。

 

長期に渡りお客様のお住まいを守る為には、こういった細かな部材にまでこだわりを持って施工していかなければいけないといけませんね(^u^)

 台風シーズン前にいかがでしょうか? 2020/7/16

こんにちは。今日は梅雨の中の貴重な曇りでしたね。晴れてくれれば一番いいのですが雨が降らないだけ良かったと思わないとですね(^_^;)

今日は屋根工事の現地調査に行ってきました。写真をよ~く見て頂ければわかるのですが、屋根材が割れてしまていたり欠けてなくなってしまっています。結構屋根全体に広範囲に痛みが広がっておりました。屋根材もこうなると塗装では対応出来なくなり、カバー工法や葺き替えといった方法でのメンテナンスが必要になってきます。

現状で雨漏りしていなくてもヒビの間から雨水が浸入して下地を腐らせてしまったり、台風などの強風で剥がれて飛散してしまうなんて事も考えられます。そうなる前に是非点検をしてみて下さい。しかし実際に屋根に上るのはおススメ出来ませんので、目視で気になる所があれば我々専門家にご相談ください。ちなみに弊社は無料点検を実施しておりますのでぜひご利用下さい(^u^)

屋根はとても過酷な状況下で住まいを守ってくれております。本格的な台風シーズン前に、屋根の点検などはいかがでしょうか?

 嬉しい出来事(^u^) 2020/7/14

本格的な梅雨のシーズン真っ只中、本日も雨ですねぇ~。

九州、西日本では記録的な豪雨による災害も発生してしまいました。台風ではない雨でもこれだけの雨が降るようになり、我々の災害に備える準備の大切さを痛感させられました。被災された方々には心よりご冥福そしてお見舞いを申し上げます。

そんな梅雨の季節の貴重な晴れの日に現場に行くと、お客様より差し入れの飲み物が置いてありました。お仕事で不在になるとの事でクーラーボックスに入れてくださいました。ジメジメとしたとても暑い日でしたので非常に嬉しかったです(^u^) 差し入れを頂いたことはもちろんですが、この気持ちがとても嬉しく思います。スタッフ一同、美味しく頂きましたヽ(^o^)丿

今週もまだまだ長雨は続きそうです。体調管理にはくれぐれもご注意ください。

 梅雨空ですねぇ^^; 2020/6/22

 

ついに我々の業界が恐れるシーズンの一つ、梅雨になりました。外仕事の我々は雨が降ると仕事ができません。もちろん我慢すればやれる事もあるのですが、出来れば雨の降らない方がやりやすいですよね^^;

そんな日によくやる仕事が板金の加工です。現場で必要な部材をガルバリウムの板を折り曲げて作り出します。 雨の日にはまとめて加工する事もあります。

作業場なのであまり綺麗ではありませんがお許し下さい。ここで必要な長さにカットし、加工毎のしるしを付けていきます。加工はミリ単位の細かい作業になります。

 

あとは折り曲げの機械を使って加工していきます。そんな感じで出来上がったこの部材は家と屋根の継ぎ目に取り付けるものになります。家の形によって加工するサイズも様々なので現場できっちりとした採寸が重要になってきますね(^u^)

 自粛生活の中、いかがお過ごしでしょうか? 2020/5/18

    新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発令中の中の為、今年のGWは旅行や行楽が出来ず我慢の連休となってしまいましたね(+o+) このようになると今まで当たり前だった日々が当たり前ではなかったという事を思い知らされます。 一日でも早く元の生活に戻れるよう、願うばかりです。

そんな自粛生活のGW中、どこにもお出掛けは出来ないので私は自宅から歩いてすぐにある近所のお寺(清源院)の階段を使って富士山の標高と同じ3776mを駆け上るというとてもおバカなチャレンジをしてきました。もちろん周りに配慮し、マスク着用です。

事前に下調べをして1往復で稼げる標高が13.43m、距離が60mというのを知り、3776mを登る為には階段282往復という事になりました(^_^;) そして吉田口登山道を登るという想定の下、スタートしました。

朝の6時17分にスタートして57往復後、順調に標高770mの富士吉田市役所に7時32分に到着!そして次の馬返しまでは50往復して8時42分着。ここまではスタートからのノリで楽しかったのですが、次の目標の五合目までは65往復あり、変わらぬ景色と蒸し暑さでこの区間が一番メンタル持ってかれた気がしました(゜o゜)

五合目到着後1度帰宅して食事と補給を済ませて再開 無事に15時1分に富士山最高地点の剣ヶ峰に登頂しました最後の3回位はテンション上がって最高の階段ダッシュになってました。

このチャレンジにより得られたものは最強の忍耐力、そして応援してくれた睦合北地区駅伝メンバー達との絆ですね!みんな応援ありがとうヽ(^o^)丿

#スカイランチャレンジ3776
#制覇


お問合せフォーム
0120-963-961

株式会社 MKデザイン
神奈川県厚木市妻田北4-8-10

お気軽にご相談ください
リフォームローン 安心リフォーム工事瑕疵保険 ブログ